結婚相手の条件をリストにしたら、判明した大切なこと

実録!ルールズ婚活
スポンサーリンク

  こんにちは!やたら右目がぼやけるなっちゃんです!

  このブログでは、やる気のないアラサー女子が、「ルールズ」に則って婚活してみたら、幸せな結婚を手に入れた体験談を紹介していきたいと思います。婚活や結婚に悩んでいる女性の皆様のお手伝いができれば嬉しいです。

 今回は、婚活をするに当たって、理想の結婚相手というものを考えた話をしていきたいと思います。

 まず初めに、私が最終的に辿り着いた、私の理想の結婚相手をご紹介します(笑)。

  • 身長180センチ以上
  • 私を一番に愛してくれる
  • 「ありがとう」と「ごめんなさい」がきちんと言える人

以上です!皆様の思い描く理想の結婚相手像と比べてみて、どうでしょうか?身長180センチは理想高杉くんでは?(笑)とか、愛してくれるは抽象的すぎ!とか、色んなご意見があると思います。では、どうしてこの条件になったのか見ていきましょう!



ルールズ婚活は、結婚生活まで見据えてるから後悔しない

 そもそも、なんで理想の結婚相手なんて考える必要があるのか。それは、結婚=生活だからです

 私は、「ルールズに則った婚活をしよう!」と決意を固めた理由の1つが、婚活でよく聞く言葉「結婚はゴールではなくスタートである」。結婚した今思うと、まさにその通りとしか言えません。婚活というフェーズが終わると、今度は結婚生活がスタートするのです。しかも婚活期間にどう立ち回るのかによって、次のフェーズである結婚生活が変わります。大抵の本やネットの情報が、いかに婚活を上手く進めるかに重きをおいているのに対して、結婚生活を理想的にするための婚活中の立ち回り方を教えてくれるのが「ルールズ」です。

 「ルールズ」にはしばしば、結婚後の話が出てきます。2巻のルール20なんて、「結婚生活をマンネリ化させないための法則」です。恋愛指南書でありながら、その先の生活を意識している。出会った時から「ルールズ」を使って、お互いを傷つけあわない関係性の構築をしていく。

 もう一度確認します。婚活中の立ち回り方で、結婚生活が良くも悪くも変化します

 つまり、幸せな結婚をする為に、結婚「生活」を見据えた上での婚活をする!ということですね。

理想の結婚相手…の前に!自分の理想の人生を考える

 結婚生活を理想のものにする、ということを踏まえた上で、理想の結婚相手を考える…となると必然的に、自分の理想の人生について考えることになりますよね。理想の人生なので、大層で高尚な夢とかは要らないです。「人類の平和のための活動を」とか「環境破壊を無くす」とかでなく、「大好きな漫画は我慢しないで買いたいな」とか「家具家電は全部白で揃えたい」とか、そういうのでいいです!(もちろん本気で世界平和が目標ならばそれでいいです)

 私が理想の人生を考えるに当たって参考にしたのはこちらの書籍です。

西原愛香さんという引き寄せの法則をつかった恋愛や人生観をお伝えしてくださる方の本です。突然スピリチュアル!?と思われる方もいるかもしれませんが、西原さんの本は「引き寄せの法則に寄り添ったマインドセットの方法」が丁寧に書かれています。すごく簡単に言ってしまえば「自分がご機嫌になる方法」がわかりやすく書かれています。実際柔らかい文体で、ありのままを肯定するやり方は、特に婚活をしすぎて疲れてしまった人にオススメです。

 この本のNOTE5では、理想の一週間と、一日の過ごし方を想像して書きます。この際、現状は顧みず、ただ「ワクワクと」書くようにします。当時週6日出勤していた私の理想の一日がこちら

  • AM5:00 起床・自由時間
  • am7:00 夫お見送り・いってらっしゃいのちゅー
  • am10:00 在宅ワーク開始
  • (中略)
  • pm22:00 就寝・一緒のお布団で

いや…なんか童t…うん…。

ちなみに引きこもりの精神よわよわちゃんだから、在宅ワークで週3働くって書いてありました(尚、不思議なことに、現在夫から在宅ワークしてくれと頼まれています)。でも書いてる時はとっても楽しかった!!!これを書き終わって、ようやく理想の結婚相手について考えました。

理想の結婚相手の条件は、年収600万円だと後悔する

  ここまできたら後は簡単。自分の理想に寄り添ってくれそうなパートナーってどんな人だろうか?と考えていくことです。私の理想の人生では、夫とかなりラブラブな生活を送っています。だから、私のことが大好き!でしかも言葉と態度に出してくれる人でないと成り立ちません。また、仕事は在宅でしたいので、収入が不安定なことを考えれば、安定した収入がある人。実家で暮らしている生活レベルは落としたくないから、まぁ…年収600万円くらいか?メンタル的に凹みやすいので、精神が安定していて、気持ちを言葉で伝えてくれる人。人見知りだからどっちの親とも同居は嫌かな…。そして私の妄想の中で、私の夫は背が高かった!!!(笑)

 あの…怒らないでください…。 

 こうして50個くらい脈絡もなくルーズリーフに書き連ねた後に、ふとルールズを開きました。

 ルール18:男性が変わるだろうと期待してはいけない

ここにははっきりと「あなたが男性を変えることはできない」と書いてあります。男性がどんなに私を好きになったとしても、小学生の時に集めた遊○王カードは捨てさせることはできない。やたら綺麗好き、あるいは遅刻癖があったとしても、私にその性格を変えることはできません。でも、私を誰よりも愛してくれるなら、そんな性格は些細なことではないか、と。もちろん、浮気癖や思いやりのなさも変えることはできない、だからそういった男性とは付き合いを考え直す必要がある、とも書いてありました。このルールを見て、ふと気づきました。

 「理想の結婚相手は、長く生きても変わることのない条件にだけ、注目すべきである!」

 つまり、私の挙げ連ねた50個全てに当てはまる理想の王子様(笑)が現れたとしても、1年後には20個くらい変わっている可能性があるんです。その代わり、結婚してから少しずつ処分しようと思っていた遊○王カードは捨てられない…!そんな未来が見えてしまったのです。

 それを踏まえたうえでもう一度理想の結婚相手の条件を眺めていると、1年どころか1か月後には変わっていそうな条件ばかりです。例えば年収600万円なんて、ちょっと病気して退職になってしまったら次の日にでも変わってしまいます。どちらかの親が要介護になったら、同居する以外に道がない可能性だってあります。その時に「話が違うじゃない!」と喧嘩になるのは、私の理想の人生ではありません。挙げていった条件を全て「環境や生活、年齢によって将来的に変わる可能性があるもの」「人間の性格や気質によるもので、めったに変わらないもの」で分けていきました。

 そうして振り分けていくと気付くこともあります。私は年収600万円の生活がしたいのではなく、「災害や事故、病気などに遭った時、生活の心配をしたくない」のだと。実家の生活レベルを落としたくないのではなく、「いいから安心して休みな」と言ってくれる人が欲しいのだと。そして、自分も相手に同じことが言えたらきっと幸せだろうと。

 突き詰めて突き詰めて、見直し含めて1週間。ようやく出来上がったのが先に挙げた条件でした。

身長180センチ以上自分が男性平均身長よりはるかにでかいので、かなりコンプレックスがある。毎日の生活でコンプレックスを刺激されるのは耐えられない。
私を一番に愛してくれる私より優先する人がいるなら緊急連絡先ではない。
「ありがとう」と「ごめんなさい」がきちんと言える人生活していく上で、色んな問題が出てくるはず。その時にこの2つが言えない人は、一緒に問題を解決するつもりがない人だろう。

  他の人から見たら、理想が高い!と思うところもあるかもしれません。逆に、条件が抽象的すぎて絞れないじゃん!と思うかもしれません。でも、これは私が考えた私の為の理想の結婚相手の条件なので、他の人から見ておかしいのは当たり前ですね。

 ちなみに、こんなに頑張って考えた条件ですが、1つ目の身長180センチ以上がとある事情で適いませんでした!!!これに関しては夫のことを「結婚詐欺師」と呼んでいます(笑)。

どうやって理想の結婚相手を探そうか

 ここまで考えたら、次はこの条件に当てはまる人を探しに行かねばなりません。ではどうやって探しに行こうか…は次回お話したいと思います。少しでも婚活女子の参考になったら嬉しいです。ここまで見てくださってありがとうございます。

ブログランキングに参加しています。

更新の励みになるので、ブログが気に入ったらクリックをお願いします。

にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活アドバイス・婚活応援へ
にほんブログ村

恋愛・結婚ランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました